teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]

スレッド一覧

  1. 逗子吹き矢同好会 会員用掲示板(107)
  2. 足あと帳(0)
スレッド一覧(全2)  他のスレッドを探す 

*掲示板をお持ちでない方へ、まずは掲示板を作成しましょう。無料掲示板作成


2017年霜月便り

 投稿者:休農休弓  投稿日:2017年11月 1日(水)08時59分59秒
返信・引用
  皆様
めっきり季節感が出てきた今日この頃です。
お変わりなくお過ごしのことと思います。

蛇足ですが、新品のパソコン快調です。LAN接続不良から始まったパソコンダウンでしたが
紆余曲折を経ての新品との交換は結果何とも論評のしようがありませんが、販売店店長判断を良とするご意見が多かったように思います。
メーカーはLANボード交換・マザーボード交換・OS入れ替え・ハードディスククラッシュチェック
等々いろいろやった結果時間が無駄に経過したのに交換とは言いださなかったようです。

今月の便りお届けします


2017年霜月便り
こんにちは。
先月はパソコンダウンで便りが遅れましたが、今月は皮肉にも絶好調の新品パソコンで快調に処理出来ました。
10月としては稀にみる長雨、それに超大型台風、更に22号と留めの台風、潮風に打ちさらされた欅の葉が縮れてまだ落葉としては早いこの時期掃き掃除の仕事増やしてくれます。ここにきてやっと秋らしい青空となんとも変化の多い月でした。今月は1年のうちで最も変化のある月と言われています。初旬はまだ青空高く秋晴れの好天気が続きますが、立冬を過ぎると、朝晩の気温が下がり寒さを感じるようになります。中旬には霜が降りはじめ、山野や街路樹の木々が華やかな黄葉や紅葉の色彩りを濃くしていきます。下旬は落葉が舞い、初雪の便りも聞かれ、寒い冬の到来が近いことを知らせます。まさに日本の風土を象徴する月と言えそうです。実りの秋でもありますが収穫への感謝と来年の豊作への予祝の神楽や、関東でとくに盛んな酉の市、全国規模の七五三の宮参りなどを眼にします。我が家と言えば相変わらず変化なし、淡々とまた粛々と時が過ぎて行っているような感じです。昨日まで2泊でまた温泉湯治に出かけてきました。今年になって同一宿行きは4度目になりますが伊豆函南畑毛温泉の?という宿屋です。田んぼ越しの雄大な富士山とぬる湯で本でも読みながら30分以上浸かれといった温泉が売りの宿です。これまでの数をこなすための安宿にも許容差はありましたが、2泊三日交通費(座席指定)込み2~3万円、1回/月と言っても年8回程が精いっぱいでしたがここ10年それなりに精力的に徘徊しました。日本全国の安宿目指して所構わずといった感じでしたが、年を取りそれなりに収斂してきたようです。なるべく近くで居心地が良いところというような感じで落ち着いたのがこの宿です。一泊1万円以下、布団ではなくベッド、バイキング不可といったような条件を満たしてくれています。もう一軒位同様な宿を探し交互に利用するのもよいのかもしれません。
 さて、世の中はというと選挙後の後始末で大変なことになっている野党各党の政界ですが、何とかそれなりに収まってほしいものです。結果的には民進党の解体で終わったといえばそれまでですが、歴史的に離合集散を繰り返してきた集団で数合わせのためやその時のご都合主義からの寄り合い所帯がこの選挙の洗礼を受けて思想信条・政策で信じあえる仲間に変貌できるかどうかが問われたと思っていました。従来中道と言われる 政治集団はどちらかと言えば左よりの集団だったと思いますが、今回は右寄りの人この指とまれと踏み絵まで踏ませたのでそれなりの集団になるのではと思っていましたが、全く思惑とは異なってあらぬ方向に向いてしまったようです。理念や政策やらは何処かに忘れ去られ、人気だけに頼った結果が惨敗で、政治は結果がすべてとはいえ、選挙後の集会を見るに恨み節大合唱、これでは先が思いやられます。安倍一強はノー、何とかせねばとスタートしたのですから、恨み節ではない元気で希望が持てる展望が欲しいものです。
2017年11月1日  
 
 

2017年神無月便り

 投稿者:休農休弓  投稿日:2017年10月23日(月)16時11分55秒
返信・引用
  各位
こんにちは。
10月も下旬になってしまいました。
ここ数日すっかり秋の気配が色濃くなり体調にも微妙に影響が出始めております。
やっとパソコンダウンが解消しましたが顛末は本文に記載しました。
台風一過でこれから普通の季節に戻りそうです。
今回は総選挙の後ということで政治色の強い投稿者節の内容になってしまいました。
-----------------
2017年神無月便り
こんにちは。
10月も下旬になってしまいました。ここ数日すっかり秋の気配が色濃くなり体調にも微妙に影響が出始めております。整骨院通いも日課のように生活の一部になってしまいましたが、10月にはいってすぐの寒さが原因ではないかと思っていますがまた足の痛みが酷くなっています。神経痛の痛みだと言われてしまいましたが足痛も憂鬱な症状です。毎月の便り大幅に遅延し御心配おかけしておりますが、実は死んだふりでも病気でもありません。ダウンしたのは愛用のパソコンです。LAN接続不良という事で9月4日に修理に出したまでは良かったのですが、待てど暮らせど戻って来ません。9月21日にやっと修理内容の説明があり、データーのバックアップのため外付けのハードデイスクにコピーを依頼、再度メーカーに送ったハズと思っていたのですが、10月2日に電話で修理内容の確認の電話(9/21と全く同内容)が再度かかってきました。どうもヤマダ電機内の連絡が不十分で店晒しになっていたようです。かなりきつい叱責と対応策を要求しましたが、暖簾に腕押しでなんとも頼りない受け答えで憤懣遣る方無いことで頭にきっぱなしです。あまりカッカすると体に悪いのでともかくひたすら黙って待つことにしました。その後何回か連絡を取り合った結果、これ以上客に迷惑はかけられないとの店長判断で、最終的にはヤマダ電機負担による商品交換という形で結論が出たとの連絡が10月21日夕方にあり、痛い足を引きずって大船まで品物を取りに行き一件落着に至ったわけですがロスタイムは一体何だったのでしょうか。 幸いにカミさんに買ってあげたi-padを借りることでこの一ヶ月半なんとか凌いでいましたが、WORDとエクセルが使えないので何とも不自由このうえなしです。金銭出納帳、株の売買記録、株価分析等々かなり日常使っていたので大弱りです。Office2016の使用開始手続きにかなり手間取りましたが、データー復元の確認やら、古いメールが消えていないかなどそれなりのチェックの結果無事使えるようになりました。
パソコンでゴタゴタの間、世の中はダイナミックに変動していますが、この現象、結果的には政界再編成を促したと思います。まだ最終姿ではありませんが、民進党の解体でいとも分かり易い構図になったように感じています。基本的には二大政党による仕組みを思い描いていますが、日本の場合そう簡単には綺麗な形にはなりそうもありません。25日の解散から現在に至る動きを見るに、言わば(従来)保守・「新保守」・リベラルと言った三極構造が見えてきております。あえて「新保守」と造語にしましたが、右過ぎず、左過ぎず、共産嫌い、こよなく平和を愛すがあまり政治的な意見を主張しない、どちらかと言えばノンポリで単純に消費税は払いたく無い、原発はいらない、そこそこリベラルそんなような感じのおばさん支持・無党派支持の政党です。ただこれを侮ってはいけません、分からない時は立ち止まる、正直で嘘ではないからです。踏み絵による排除発言等、小池百合子は本質的には右翼のタカ派だと思っていますが、実績と経験と超現実的な対応力即ち、機を見るに敏、世の中の動向の捉え方は人には真似ができない独特の感性、度胸、実行力でリダーシップを遺憾無く発揮しています。しかし最近は勇み足や弱点がでており、都知事選の時の様に思う様には行っていないのではないかと思っています。民進党の弱点が無くなり決められない政党から脱皮できるかどうか、新しい政党では党首の力量によるところが多い様に思いますが、新党は希望の党とは名ばかりで「百合子頼みの党」と言った方が分かりやすいのではないかと思っています。恒久的に支持を得るための中道保守として理念の整理、組織と人の配置、政策立案のシンクタンクの充実等知恵と金はいくらあっても足りることはなさそうです。何れにしても国民の審判がどう出るのか楽しみでもあります。・・・と、ここまでは選挙前に書いたものです。選挙当日は台風が来るというので期日前投票をしに土曜日に会場の市役所に出かけたものの長蛇の列、皆さん考えることは同じなようです。20~30分も並びやっと投票しましたが、投票そのものは期日前投票のほうが本番時よりスムーズな感じなのは意外でした。長蛇の列解消のためか事務員がテキパキやっていたからでしょうか。
ここからは開票後の感想です。真夜中まで動向を見守っていましたが、野党第一党がどうなるかが最大の関心事です。概ね想定していた通りですが、これほどまでの自民党圧勝は想定外でした。立役者は小泉進次郎との報道もありますがそういうことではなく、野党側の敵失というか失投に他ならないと思っています。立憲民主党がわずかですが上回ったのは白黒つけたがる日本人の特性を如実に表している様に思います。特に激しくリベラルを標榜する方々の思い入れなのでしょう。この結果では2大政党化は遠のくばかりでこれまた困ったことになりました。株価は正直に反応し200円以上の値上がりで始まりましたが政権が安定しているとの評価でしょう。少なくとも株価はこの調子で進んでほしいものです。同時進行での超大型台風の動向ですが若干ですが被害を受けています。菊の鉢が倒れて割れたり、蕾が現れてきつつあった皇帝ダリアが無残にへし折られたりです。大損害は駐車場入り口のお手製の門の一部が突風で吹き飛ばされたのか影も形もなくなっていたことです。本体はアルミ製の跳ね上げ式の門ですが、片端1m程の隙間を埋めるために友人からもらった古材で手間暇かけて作った補足の扉です。多分突風で道路に吹き飛ばされ、残骸が危険だからとどなたかが片付けて持ち去ったのでしょう。では御機嫌ようさようなら。
2017年10月23日
 

2017年長月便り

 投稿者:休農休弓  投稿日:2017年 8月31日(木)23時18分20秒
返信・引用
  皆様
残暑お見舞い申し上げます。
早く秋風が欲しいのですが、まだまだ暑さが続くようです。
季節の変わり目、体調管理にご留意ください。
長月便りお届けします。



2017年長月便り
 こんにちは。今年の夏の総決算でもしておきましょう。まずはお天気ですがどうも平年とはかなり異なっていたと言わざるを得ないようです。真夏日(30℃以上)猛暑日(35度以上)いずれも全国ベースで8月より7月の方が多かったことです。西に住んでいる方には実感があまりないでしょうが東に住んでいるとこれが正にその通りと実感と統計が一致した感想だと思います。また東京都心での降水継続日数記録は40年前の22日連続に並ぶことはありませんでしたが、21日ともう一歩のところまできました。1時間あたりの降雨量が10~20mmの場合は「やや強い雨」、20~30mmの場合は「強い雨」、30~50mmは「激しい雨」都市部では下水管から雨水があふれる。50~80mmは「非常に激しい雨」都市部では地下室や地下街に雨水が流れ込むこともある。そして、80mm以上は「猛烈な雨」、息苦しくなるような圧迫感があり、恐怖を感じるほど。大規模な災害の発生する危険性が高いのだそうだ。こういった分類があるのはご存知と思いますが、線状降水帯と記録的短時間大雨情報いう言葉が一挙に広まったのも特徴的ですが、日本全国どこかで「80mm以上の猛烈な雨」が降っていたのが珍しくなかったといえるのが「2017年夏」の特徴ではなかったかと思います。
次は国際政治ですが、何といっても北朝鮮の動向です。北朝鮮のミサイル技術の急速な進展と、止まらない挑発。その矛先を向けられたアメリカがどう対応するか。米上院議員によると、トランプ大統領は、北朝鮮がICBM=大陸間弾道ミサイルの開発を続けるなら「戦争」を行う可能性に言及したということです。一方で、ティラーソン国務長官は、引き続き圧力を加えるとしながらも、最終的には「対話」を通じて問題を解決する考えも示しました。制裁による圧力に手詰まり感も漂う中で、軍事力の行使に踏み切るのか、それとも対話に動くのか。アメリカの対応が大きな焦点となっています。29日の北朝鮮の西岸から北東方向へ向けて発射されたミサイルは、北海道上空を通過して、襟裳岬東方1180キロの太平洋上に落下した模様ですが、これとは別に先に発表のグアム周辺へのミサイル発射計画は、時期は別にしても必ず実施されるのでしょうがその時アメリカが、また日本が、さらには世界がどう反応するか暑い夏をことさら暑くする議論がなされております。ところでここ1~2週間パソコン特にネット接続が不調なためイライラが続いております。JCOM・ヤマダ電機・口うるさい娘やらを総動員して対応してももう一つ、いよいよメーカー行きか。ではご機嫌様さようなら。
2017年9月1日

 

2017年葉月便り

 投稿者:休農休弓  投稿日:2017年 8月 2日(水)20時55分22秒
返信・引用
  皆様
暑中お見舞い申し上げます。熱中症にはくれぐれご注意ください。
葉月便りお届けします。
逗子は大雨警報発令中で、少し気温が下がりました。

-------------------------------

2017年葉月便り
 暑中お見舞い申し上げます。集中豪雨騒ぎの中いつの間にか梅雨明け宣言がなされた感じでしたが、猛暑が続き高齢者には酷な季節です。特に西日本の方が酷いようですが暑さのピークは8月上旬だとのことなので熱中症には注意喚起が必要です。5月に蒔いた朝顔が咲き始めましたが、朝顔市で売っているように作るのはやはりコツがあるようです。一本の軸を後生大事に伸ばすのではなくしかるべくタイミングで先を摘み、また新たに出てきた脇芽を支柱に絡ませてゆくと、言葉で書くとこういったことですが、ツルものは放って置くとどうしても上へ上へと伸びてしまいます。朝顔につるべ取られてもらい水と言ったようなことですが行燈作りは伸びきったツルを少し巻き戻しながら形を整える必要があります。隣の鉢にちょっかい出したりで気が付いたときはほどくのが大変です。ユリもそれなりに咲いてくれましたが、チューリップの跡地に植えた中玉トマト11本ですがしっかり収穫出来ております。樹で完熟させるので甘味・酸味のバランスよくスーパー購入のものより美味いと言ってくれます。夏場はポーチュラカ(ハナスベリヒュ)を挿し芽で増やしまくります。¥200/ポットを投資しますがすぐ30~40倍に増やせます。可憐な色取り取りの花で結構長く楽しめます。日光を好み、日当たりの悪い場所や天候のよくない日は花が咲きません。
 ところで安倍政権ですが長期安定を誇っていましたがどうもこのところ様子がおかしくなってきました。機を見るに敏な週刊誌は「いずれにせよ、高い支持率に慢心し判断ミスを犯した瞬間、安倍総理は簡単に寝首をかかれるだろう。昨日までの味方が、容易に敵に変わるのが、政界の常。自民党内で始まった激動は、その事実を如実に示している。」と評しているようです。一方トランプも思い通りには簡単にはさせてくれないようです。着任わずか半年でトランプ政権は政治的な窮地に追い込まれている。ロシア問題に関する調査結果が公開されないかぎり、重要な政策が前に進む可能性は低い。まともな政策論議ができない状況が続けば、トランプ政権だけでなく、米国全体に閉塞感が漂うことは避けられないだろうとの観測が真実味を帯びて来ています。いずれにせよ暫くは政治に目が離せないと言ったところでしょうか。それではご機嫌様さようなら。
2017年8月1日

 

2017年文月便り

 投稿者:休農休弓  投稿日:2017年 7月 1日(土)09時46分25秒
返信・引用
  皆様
いよいよ夏本番です。
暑さにめげずこの季節快適に乗り切りたいものです。
文月便りお届けします。

-----------------------------

2017年文月便り
こんにちは。今月はいよいよ後期高齢者に突入の因縁月です。既にシルバーシートには何の抵抗なく座れていますが、大きく変わる制度として75歳からは、全員がそれまで加入していた医療保険から後期高齢者医療制度に移行することです。この制度は、都道府県ごとに設置されて全ての市区町村が加入する後期高齢者医療広域連合が保険者として運営をし、市区町村はその橋渡し役として保険料の徴収や届出などの窓口になります。保険証は、既に送られてきましたが、75歳の誕生日当日から使用することになり、したがってそれまでの保険証は使えなくなります。保険料は各人ごとの収入によって決まります。しかし医療機関で払う一部負担金の割合は、世帯ごとの収入で決まります。1割負担の人と3割負担の人に分かれますが、この1割になるのか3割になるのかは、保険料と違って個人単位の収入ではなく、世帯収入で判定されてしまいます。したがって、本人に収入がなくても同世帯の人の収入が高く、現役並み所得者と判定されれば世帯全員が3割負担になってしまいます。我が家にはまだ食費しか家に入れない二人の独身貴族の居候世帯なのでこの制度の疑問点の方に分類されて、これも痛しかゆしというところでしょうか。ところで、6月5日は、世界環境デーですが、国連総会が1972年に制定した世界環境デーは、環境改善への無数の活動を組織する政府、個人およびコミュニティー団体とともに人々が行う行事で、年1回のこの行事を、政治的関心と行動の強化のために活用する国も多くなっております。国家元首、首相および環境担当大臣は声明を発し、地球を大切にすることを公約します。環境管理と経済計画を担当する恒久的な政府機構の設置につながるより重大な公約も行われています。トランプも金々だけの判断基準から卒業してほしいものです。我が家の庭では所狭しと樹々が生い茂っていますが、正直なところクーラー代節約のケチな考えではありますが、結果的に国連の意向にそっており、理由はともあれ快適な空間を享受出来ています。7月の気象庁の1か月予報は一言で言えば概ね平年並みと言えるのでしょうが、細かく見ると北日本太平洋側では、平年と同様に曇りや雨の日が多いでしょう。東・西日本太平洋側では、期間の前半は、平年に比べ曇りや雨の日が少ないでしょう。期間の後半は、平年と同様に晴れの日が多いでしょうと。いずれにしても急に暑くなるのが良くないようで熱中症で病院に担ぎ込まれるのもこういう日が多いようですが皆様におかれましてはしっかりこの夏を乗り切っていただくよう願っております。
2017年7月1日 
 

2017年水無月便り

 投稿者:休農弓休  投稿日:2017年 6月 6日(火)09時58分25秒
返信・引用
  皆様
こんにちは。月をまたぎ隣の縣まで風呂に入りに行っていたため
1日遅れになりました。1日前に完成したのに送信は1日遅れでした。
株価がやっと2万円を超えたのは大きな変化ですが今月は影響なしということで
そのままお届けします。
----------------------
2017年水無月便り
こんにちは。いよいよ梅雨の季節ですが、ここ数日夏日が続くような暑い5月が現出しました。風薫るさわやかな5月など今は昔と言ったような感じです。水無月の語源は諸説あるようですが水の月が有力で、「無」は10月の神無月と同じ神の月と同様の使い方で「の」ということのようです。平年の梅雨入りは近畿で6月7日ごろ、関東甲信は6月8日ごろというのが気象庁の統計値としてのデーターですが、さて今年は何時になるのでしょうか。この季節になると庭の枇杷と山桃が熟します。山桃は暮れに植木屋が茂りすぎた枝をかなり強めに刈り込んだので今年の実は期待できません。枇杷は生り年に当たり期待できそうです。山桃は果実酒やジャムとして枇杷は生食で利用していますが、我が家の枇杷はコクがあり、店先などに並ぶべらぼうに高い枇杷より余程マシなものが収穫できます。他にもタ―キッシュ・ブラックという所謂マルベリーがやっと実をつけました。3~4年前に苗木を購入したもので、剪定しすぎて実がつかなかったのですが今年は天高く伸ばし放題にして置いたらたくさん実をつけてくれました。真黒な大ぶりの桑の実ですがジャムにでも加工しようかと考えています。梅も豊作ですが梅酒や梅干しと手間がかかります。一方、苗木として挿し芽した菊も7割方は成功でもう暫くしたら鉢植えに掛かります。摘心の要領が分かってきたので今年は少しマシな花を見たいものです。朝顔も10鉢ほど小ぶりの鉢に定植し行燈仕立てにしました。チューリップは期待以上の出来でしたが花後の始末が大変です。すべて掘り起こし来年用に保存しますが、品種が混ざらないようにせっかくまとめ植えしておいたのですが、いざ掘り出すと完璧には選別できず結局混色グループが出来てしまいました。分球したり腐ったり歩留まりは5割程度ですが毎年新しい球根をしっかり買いなさいということのようです。水仙2種、アイリス3種、フリージア4種とすべて掘り出し乾燥のうえ、ネットに入れ最後は段ボール箱への収納ですが結構な仕事量でした。こちらは増えすぎて商売が出来る量です。せっかく掘り出した球根跡地は中玉トマト11本を植え付けました。どちらかというと花より団子派なのでこの点を見越して例によって100均の種12粒からしっかり11本の苗が出来たので原価は安上がりこの上無しです。では御機嫌ようさようなら。
2017年6月1日

(失礼しました。掲載を失念しておりました。)
 

2017年皐月便り

 投稿者:休農休弓  投稿日:2017年 5月 1日(月)11時54分30秒
返信・引用
  皆様
春爛漫、百花繚乱、気候としては最良かと思います。
毎日が休日の身としてはゴールデンウィークといわれても
ピンときませんがこの季節精々楽しんでください。
皐月便りお届けします。
----------------------------------------
2017年皐月便り
こんにちは。
春爛漫、百花繚乱、昨年暮れの在庫一掃「チューリップ福袋送料無料」で買い求めた結果が出ました。謳い文句は「通常¥15000のもの」が1/3程度での大安売り、植え時期限界の12月になってからだったのでダメ元でと購入したものですが、しっかり花をつけてくれました。
訳アリ甘夏2箱(20kg)だと送料無料ポイント利用と合わせると¥2500とこれも半信半疑の購入で結果オーライ、さらに値の張る買い物が化粧ブロック3段積み・アルミ製目隠しフェンスの「63%引き」に目がくらみこれも結果は★5つ、ネット通販を最大限利用しています。クロネコヤマトも宅配便の送料の値上げを決めたようですが居ながらにして送料無料で必要なものが必要なタイミングで手に入る時代というのを実感しています。しわ寄せがどこかに転嫁されているとは思っていますが、どこかに買いに行けば交通費もかかることだし今のところはそれなりのメリットありという判断です。実物を見ずに謳い文句と写真だけでの買い物は最初冒険でしたが今はもう手慣れたものになりました。株式投資もネット時代であればこそのボケ防止兼内職が出来ようというものと思ったりしています。買い物を楽しむという女性と異なり機能性のみ追及という典型的な男性行動の究極かも知れません。
 7月でいよいよ後期高齢者の仲間入りですが、ますます小人閑居すれば何とやらに気をつけねばならないようです。上半身ピンピン下半身ヨレヨレとは言え少しは気の利いた残り人生を送りたいものですが、これぞという行動対象が見つからないのが実態です。これまで畑に向いていた顔が猫の額の庭に向いたのでお陰様で雑草や落ち葉も気になればすぐ片付きます。今年は菊づくりに注力しようかと昨年ほったらかしの鉢から芽を吹いた菊の新芽を摘み、苗づくりの挿し芽を試みたところです。品種名を書いた札がなくなったので鉢ごとにABCと番号で区別する有様ですが、さてうまくゆくか細やかな楽しみです。
 ところでここのところ何やらキナ臭い挑発の応酬が気になります。挑発の応酬だけなら別に気にすることもありませんが、一方がトランプという何をするかわからぬ人物であり、辛抱強い人物とも思えないだけに困ったものです。駄々っ子同士の危険な玩具遊びに手をこまねいて見ているだけと言ったような感じです。ヨーロッパも何やらおかしな雰囲気だし、こんな世界になろうとは予想だにしない現役時代でしたが、今やリタイア―の身なので呑気なことを言えるのかも知れません。
2017年5月1日  
 

逗子の桜は今が満開(2017.4.13)

 投稿者:休農休弓  投稿日:2017年 4月13日(木)19時49分42秒
返信・引用
  今日第一運動公園弓道場の桜の写真を撮ってきました。人も映っていますがあくまで桜が主役です。  

2017年卯月便り

 投稿者:休農休弓  投稿日:2017年 3月31日(金)11時48分23秒
返信・引用 編集済
  2017年卯月便り
こんにちは。お元気なことと拝察いたしております。2011年からどんな嘘をついてきたのか最後の一節の再掲です。
2011年4月1日(6年前)
『さて現在は、これまでいろいろの状況を見ていると脳裏には次々とある種の思いが湧いてきます。主たるものは、地震・津波への認識、災害時の行政対応とリーダーシップのあり方、原子力発電政策、災害に対する訓練と備えについて、インフラ壊滅という想定外の危機管理等、また今後については復旧・復興に対するシナリオが頭の中を交錯しています。例年でしたら今頃は桜のお花見でにぎわう時期ですが今年はどこも自粛でひっそりとしています。テレビ・新聞等で被災者の状況を見聞きするにつけ心が痛みますが、改めて被災地の皆様にはお見舞い申しあげる次第です。』
2012年4月1日(5年前)
『ところで消費税増税が政局含みになってきました。難しい舵取りが続きそうで、リーダーシップが問われますが、この国まだ沈没させる訳にはゆきません。
新しい国の仕組みが必要な雰囲気も醸成されつつあるようですが、まだ維新前夜までにはそれこそ一揺れも二揺れも必要でしょう。いずれにしてもどの程度の震度になるかわかりませんが「日本社会の仕組み再構築」という大テーマに外野席ではなく選手の一員として目を光らせてゆく必要がありそうです。
偉そうなことを言えるような額ではありませんが、かろうじてまだ税金を払っている立場ではあります。働き過ぎ、払い過ぎたので元を取ろうとの思いは若干ありますが、そればかりではないことをあえて宣言しておきます。』
2013年4月1日(4年前)
『ところで早朝のロードバイクによるリハビリトレーニングが効いたのかまだ痺れは残っていますが、足の張りは少し改善している感じです。厄介な脊柱管狭窄症を克服出来るか正念場です。』
2014年4月1日(3年前)
『いずれにしても「年は取りたくないね~」というのが身に染みてきたのが正直なところです。悪循環の初期段階でこれがまるっきり動けなくなるとこんなのんきなことを言っている場合ではないのでしょうが、まだブチブチ言いながらも動けているのが救いと言えば救いだろうと思っています。株価ももう一つさえない動きでこれもイライラの原因になっています。現在の懸念は何と言ってもロシア・ウクライナ情勢と中国のシャドーバンクの問題かと心配していますが、株価暴落の心配の種は次から次に出てきてボケ防止には役立っていますが心臓には悪いようです。消費税増税前の買いだめも結局何もしませんでしたがこれからジワジワ利いてくるのでしょう。高額商品が前年比3割~4割も売れているとのことですが、人並みに何か買おうかと考えては見たものの結局あまり欲しいものが見当たらなかったので何も買いませんでした。体調が良ければ腕には不釣り合いな弓具でも購入していたところですがその方面は考えもしなかったという信じられないことが起きています。購買意欲と体調は正比例することが実証できましたが、終始愚痴に終わった4月の便りでした。読者はイライラの伝染か、ざまー見ろか何れかかと思いますが、お付き合いいただき有り難うございました。』
2015年4月1日(2年前)
『ところでわが菜園に関して重大報告があります。つい最近地主から今年いっぱいで返還を通告されてしまいました。地主さんは隣に住んでいる幼馴染だった友人の美人の未亡人ですが、昨年豪邸を完成させ、そろそろ言ってくるのではないかと想定内ではありましたが、いざ通告されるといよいよ来たかと一抹の寂しさがよぎります。年内いっぱいということは冬越しをさせる玉ねぎ、豆類、イチゴは今年の収穫が最後になります。年内収穫の秋まきの葉物・根菜類が最後の作物になりそうです。ところでお隣さんの白亜の豪邸ですが、一見すると何処かの博物館と見間違うような建物ですが、400坪以上の敷地の2/3の庭園は一面の芝生で覆われ、バラ園があります。対照的な我がしもた屋(仕舞た屋・普通の家)の2階からの眺めは圧巻であります。お蔭様で環境抜群になり土地の価格も上がったかもしれません。他人の豪邸をうらやましく語っても面白くもおかしくもありませんが、この地域では一段と目立つので触れざるを得ません。5年間程度という当初の約束でしたがなんと倍以上の11年もの間お世話になりました。その間収穫物はいの一番に届けましたが何の条件もなしに使わせていただき感謝しております。問題は百姓が出来なくなったら何をやるかですが、候補がいくつかあります。コントラクトブリッジをと進めてくれる後輩や、カミさんは書道どう、その他その気になれる何かをこれから探さねばということに気が重くなります。』
2016年4月1日(昨年)
『今日から新年度ですが、リタイアー後は年度替わりなど眼中になくなるのは致し方無いのでしょうか。国家予算は何とか年度内成立を果たしたもののこれで終わりではありません。早く予算執行に着手し景気浮上をはからねば元の木阿弥になりかねない黄色信号が灯り出した景況観であることは間違いないようです。一般会計総額が過去最大の96兆7218億円に上る平成28年度予算ですが、大台に乗るのは時間の問題となってきました。』
とざっとこんな大嘘ですが、エイプリルフールとはよく言ったものです。

今年はと言えば、米国もトランプの綻びが見られますが、日本の国会では重要法案そっちのけで何やらワイドショー紛いの言った言わない論争がお茶の間を楽しませています。北朝鮮・ロシア・中国(香港)・韓国・イギリス・米国とそれぞれお家の事情でのゴタゴタは転換点の過度期と考えればおかしくないのですが、それにしても日本のゴタゴタはお粗末すぎます。因みに29年度の一般会計総額は前年度当初比0.8%増の97兆4547億円と過去最大。尚、我が整骨院通いのリハビリ結果ですが、痛みはなくなりましたが、歩行時のフワフワ感は相変わらずです。ではご機嫌様さようなら。
2017年4月1日

http://

 

2017年弥生便り

 投稿者:休農休弓  投稿日:2017年 3月 1日(水)21時16分13秒
返信・引用
  皆様
暦の上で春が来ました。就職活動が解禁され今年は
学生の売り手市場だとのこと、総じては結構なことなのでしょう。
本当の春かどうかはこれからですが、それはさておき
恒例の便りお送りします。
-----------------------------------------

2017年弥生便り
 こんにちは。寒さと暖かさが交互にやってくるいわゆる三寒四温と言った陽気が続いており、いよいよ春です。晩秋に植え込んだ大量のチューリップが順調に芽を出し始めています。ダメ元で植えて置いた生垣の根元のラッパ水仙が一番咲の可憐な花を見せてくれました。クリスマスローズや桜草も花をつかせています。隣家とのフェンスのリフォーム時期を来年の冬と考えていたのですが、ネットでなんとなく探していたら63%引きというアルミフェンスが引っかかって来ました。化粧ブロック3段積み、上部に1mのアルミフェンスを設置という仕様で概算見積もりが出来るサイトでした。長さが22m強なので大枚1本以上は覚悟しての試算ですが、なんと半額という結果には正直びっくりでした。この際現地見積もり無料というのでそれこそダメ元でクリック、茅ヶ崎の造園業者が見積もりに来訪、翌日正式な見積書が提示されてきました。この間1週間弱のスピード処理です。息子はネットでの工事屋探しなど半信半疑で止めた方が良いと偉く慎重でしたがもう止まりません。既存フェンスは50年前にトタン屋根の庇の葺き替えで出た古トタンの再利用フェンスですが、軽量鉄骨の柱の根元が錆び、何本かが折れてしまい丸太柱で補強という有様でした。この撤去費用が9万円、その他ブロック積み費用が概算見積もりより高めで、さすが当初予定した額の半額は無理でしたが、6割強で収まったので発注に踏み切りました。年明けから、家の全面塗装、便器の取り換え、今回の目隠しフェンスのリフォームと立て続けに家の修繕費が嵩んだので、ボーっとしてはいられなくなりました。NYダウ平均株価は史上最高値を更新し続けているが、日経平均は1.9万円辺りをウロウロしている、投資家心理は複雑です。
 ところで、暮れに痛み出した下肢ですが、正月明け5日から整骨院通いが日・祝祭日を除き日課になりました。朝8:30自転車で出発、10:00少し前帰宅という感じです。ちょうど70歳の秋発症したもので、しばらく足裏の痺れ状態が続いていたのですが何とか共存できると放置していました。整形外科医の診断は脊柱管狭窄症で、整形外科にもリハビリ施設は併設されているのですが敢えて評判が良い整骨院にしました。施術はいわゆる物理療法で、腰・右下肢への低周波電気通電20分、腰へのマイクロ波照射5~6分、全身マッサージ5~6分、首から足までの磁気投射2~3分、腰の牽引45㎏13分、両足の機械振動5~6分、締めて約1時間弱のコースを毎日続けています。ひどかった右足の痛みですが、少し緩和された感じが出てきました。歩行難の人が歩けるようになるまで3か月かかったと聞いての通院なので覚悟しての通院でしたが、通院頻度がいつになったら1回/週程度になるのやらというのが正直な気持ちです。ではご機嫌様さようなら。
2017年3月1日  
 

レンタル掲示板
/14