teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]

スレッド一覧

  1. 逗子吹き矢同好会 会員用掲示板(127)
  2. 足あと帳(0)
スレッド一覧(全2)  他のスレッドを探す 

*掲示板をお持ちでない方へ、まずは掲示板を作成しましょう。無料掲示板作成


2018年皐月便り

 投稿者:休農中  投稿日:2018年 5月 1日(火)13時41分59秒
返信・引用
  皆さん

風薫る季節、皆さん如何お過ごしでしょうか。
今月のお便りです。

---------------------------------------------

2018年皐月便り。
 こんにちは。風薫るとは良くいったものだと感心することしきりです。まさにこんな表現がぴったりの季節になりました。初夏の若葉の中を,さわやかに風が吹き渡ってくる。青葉の季節に、青々と茂った樹木の間を風が吹き抜けていくさまを表現する言葉。夏の季語で、初夏、特に5月を示す。樹木の緑がさまざまな色調でグラデーションを描き、美しい風景が広がります。自然の息吹を感じながら、のんびりと散策するのも楽しみです。樹木の若葉が芽吹いて新緑が陽光に輝く季節だからこその散策です。静寂の中に響き渡る小鳥のさえずり、水面煌めく木漏れ日、優雅なせせらぎなど、時間を忘れてしまうほどの自然の魅力に包まれるといった散策場所もいいですね。
 ここのところ政治のテーマが多かったと思いますが、政治・経済・哲学・宗教とこういったことはかなり考え方に個人差があるというより個人差そのものなので好き嫌いからいうともううんざりという声もあろうかと思っています。この便りは2002年に60歳で定年退職した直後に始めたのですが、会社の同期会の幹事役が輪番制で、たまたまその翌年に当たることもあり、連絡網の維持とその間の「繋ぎ」にでもなればというのが動機であり、きっかけだったように記憶しています。記載内容から勝手に送り付けても迷惑だが害にはならないだろうと友人・知人・趣味の仲間・アーチェリーの試合を共にした人・学校の後輩・単なるアドレスだけを知りえた人へとどんどん増えました。最近では送付先を増やすことはやめましたが、結果的にかなりの不特定多数の方に勝手に送り付けています。何かのやり取りから絶交状態の方が約1人、死亡により送信をやめた方が5~6人かと思いますがその他は懲りずに続けております。初期のころは政治・宗教は誤解を恐れ意識的にテーマから除外して、専ら趣味的な百姓・旅行・園芸・アーチェリー等の話題が多かったのではないかと思います。洒落たエッセイを目指すと密かな思いを抱いたこともありましたが所詮思いだけに終わっているようです。慣れとは怖いものでだんだん政治などの話題も恐れずに取り上げていますがもうひとつ踏み込み不足です。結構気を使うし、今更付け焼刃でもなかろうとは思っていますが、底が浅いのがすぐバレバレになってしまうことを思い知らされています。歴史的一コマの南北首脳会談ですが、茶番としか思えない政治ショーはうんざりですが、三度目の正直なのか、二度あることは三度あるのか暫く様子を見ましょう。では御機嫌ようさようなら。
2018年5月1日

 
 

2018年春チューリップ

 投稿者:休農中  投稿日:2018年 4月19日(木)16時13分32秒
返信・引用 編集済
  チューリップが今年も咲きました  

2018年卯月便り

 投稿者:会長  投稿日:2018年 4月 1日(日)09時16分39秒
返信・引用
  皆様
平成30年度の年度変わりです。
街に出れば春の陽光が眩しい季節です。
長い間満開状態の今年の桜ですが、
もうお花見は済ませたか、真っ最中かいずれかかと思います。
卯月便りお届けします。
------------------------------
2018年卯月便り
 こんにちは。このところ好天が続き桜は盛りを過ぎ、散り始めたところでしょうか。開花が例年に比べて1週間以上早まったと思ったら、雪もちらつく真冬に逆戻りと何とも忙しい春分の日前後の天候でした。気分も変って、世界政治に目を向けようかと格好のテーマを見つけました。独裁についてです。北朝鮮の金正恩というような闇の独裁者の話ではありません。独裁者はいくらでもおりますが世界を動かすとなるとそう簡単ではありません。まずはアメリカですが、独裁というテーマから一番遠いと思えた国ですが、トランプ大統領が出現後言いたい放題、やりたい放題という感じですが、それだけ大統領権限が如何に強いか思い知らされたものでした。勉強不足でアメリカの国内法をよく知らないこともありますが、もう少し内部牽制が働く国かと勝手に思い込んでいたようです。更に、これはある意味当然かなと思う一党独裁の隣国、中国の国会に相当する全人代で憲法の修正案が採択されました。結果、「国家主席、副主席の任期は連続して2期を超えてはならない」とする従来の規定が削除され、習近平国家主席の任期の縛りが事実上消えることになりました。又時を同じくしてロシアの大統領選挙でのプーチンの大差の4選圧勝劇、通算4期目で任期満了の2024年まで四半世紀近くにわたって長期支配することになります。民主主義を標榜し、世界
を実質リードしている3国のリーダーが独裁政権そのものの様相を呈しているのは興味深い現象で、良きにつけ悪しきにつけ世界政治のターニングポイントではないかと思った次第です。事が起こった時、または事を起こそうとするとき、鶴の一声が世界を動かすということが現実になっているのかも知れません。国連が実質機能不全に陥っている現在、こういった人物の力が世界を動かしてゆくのでしょう。翻って、日本の国内政治特に国会の様相はと言えば、無様としか言いようがありません。安倍一強の政治体制への牽制が機能しているとも言えるのでしょうが、延々と同じ様な議論の繰り返しで一向に前に進みませんが、ここにきて内部のざわつきも聞こえ始めました。政治リスクによる経済への影響が荒っぽく株価に出ています。挑発するつもりは全くないと言いながらの挑発ですが、小金持ちで賢明な貴方にとってはチャンス到来なのです。安い時に買い、高くなったら売る、このサイクルが政治がらみのため荒く短いのです。別な言い方をすれば株価の乱高下が2月以降続いており一向に収まる気配がないのです。で、肝心の儲け話ですが、何が対象銘柄か、答えは「指数銘柄」です。では御機嫌様さようなら。            2018年4月1日

 

2018年弥生便り

 投稿者:休農休弓  投稿日:2018年 3月 1日(木)08時07分19秒
返信・引用
  皆様
オリンピックの興奮も終わりを告げ、
また何時もの日常が戻ってきました。

いよいよ3月入りです。
ことのほか寒かった今年の冬でしたが
これから着実に暖かくなってほしいものです。

弥生便りお届けします。

----------------------------------------

2018年弥生便り。
こんにちは。平昌オリンピックには冬の大会史上過去最多の92の国と地域などが参加・日本の獲得メダル数は長野大会の10個を上回り冬季五輪で過去最多の13個、更に個々の選手の活躍には感動をいただきました。しかし全体総括としてこの大会ほど政治色が色濃く出たという後味の悪さに若干引っ掛かるのは否めません。
2月に入り株価の乱高下に悩まされております。結論としてはかなりの評価額の下落に見舞われましたが、今のところ何とか持ちこたえて踏ん張っております。ボケ防止目的にと始めたとは言え、年金だけではカミさんの要求生活水準には応えられない世の中になってきました。小遣いだけでなく、植木屋への支払い、住民税・固定資産税等の税金、健康保険料など生活費の一部を稼げとのカミのお告げには逆らえません。数年前から譲渡差益による投資目的から配当収入の投資目的に切り替えてきており、評価額はかなりの下落に見舞われましたが幸いにも実損には至っておりません。肝心の配当利回りですが2017年の実績で税引き後全平均は2.42%ですが、うちREITが3.54%、一般企業の株式が1.94%となっております。リスクはありますが銀行預金などとは比べようもなく有利なことは歴然です。株式投資ではこういった株価の乱高下には必ず見舞われますが、信用取引でもしていたら大金持ちか、ホームレスかいずれかの可能性大でした。現物取引で基本的に分散投資なので数銘柄のコスト割れは常時出現しますが、トータル的には何とかコスト割れを免れております。乱高下に一喜一憂するようではボケ防止などと暢気なことは言っていられませんが、下落するときはあっという間で、あれよあれよという間の出来事です。かつて評価額が投資額の6割になったのが最悪記録ですが、例のリーマンショックの時でした。数年下を向いて歩こう状態でしたが、その後は色々あり、やや小太り気味に、ほどほどの回復をさせてもらっております。今回の世界的な株価の乱高下がなぜ起こったのか少し調べてみました。震源は米国発ですが今回の米国株の急落は、企業業績の悪化や景気の失速懸念が理由ではなく、米国経済は引き続き好調であること、米国での減税と財政刺激が実行に移されることで、物価がこれまでの想定を超えてきたことで、長期金利が上昇に転じた事が引き金でした。米雇用統計を受け、「恐怖指数」とも呼ばれるVIX指数が急上昇、更に足元の相場の上下にはコンピューターによる自動取引の影響なども指摘されています。ビックニュースと言えば、米国で大型減税法案が成立したことですが、その中でも最も株価に影響がある法人税率は35%から21%になることで決定しました。2018年の米企業の業績は、減税効果から上方修正が相次ぐと予想しており、今後の決算発表が注目されます。風が吹けば桶屋が儲かると言う諺通りの日本株の行方が気になります。それでは御機嫌様さようなら。
2018年3月1日
 

2018年如月便り

 投稿者:休農休弓  投稿日:2018年 2月 1日(木)12時26分34秒
返信・引用
  皆様
ここ数日寒波に見舞われておりますが如何お過ごしでしょうか。
ここ関東南部は今夜から降雪予報が出ております。
明日の通勤時間帯混乱が起こらねば良いのですが。
寒い日は温泉がよろしいようでそういうことから温泉情報をお届けします。

------------------------------------

2018年如月便り

こんにちは。
『読書で長湯 約30度、35度、40度 源泉が流れる湯船。名作を読みながらぬる湯で長湯を楽しむ。』『長湯して飽かぬこの湯のぬるき湯にひたりてやすき心なりけり 若山牧水』これが函南畑毛温泉の温泉宿の謳い文句です。体温よりやや低めの温泉にじっくり30分以上浸かると、湯冷めしにくく美肌や疲労回復をはじめ多彩な効能があると記載があります。とは言え温湯に黙って30分も浸かるのは現実問題として苦痛の何物でもありませんが、昨年秋から毎月1回連泊で通っています。部屋のやや右正面に富士山がドンと居座っていますがここから見る富士は宝永火口がほぼ正面に見える角度のこんな感じです。宿の周囲は田んぼや畑で田舎の原風景のままですが観光のお勧めは宿から車で10分~15分程度で行ける韮山反射炉・柏谷公園・江川太郎左衛門邸・蛭ケ小島・願成就院等ですが、まだ一度も訪れていませんのであまり知ったかぶりはできません。ネットで簡単予約し思い立った時にひょいと出かけてゆくといった感じで利用させてもらっています。

就任から1年を迎えた駄々っ子のトランプ大統領ですがアメリカ第一主義を掲げ、地球温暖化対策の国際的な枠組み「パリ協定」からの離脱や、イランとの核合意を認めない方針を打ち出すなど、国際的合意を反故にすることもいとわない姿勢をとり、国際社会からは批判や懸念が渦巻いています。中東政策をめぐっては、エルサレムをイスラエルの首都と認めると宣言し選挙公約を守ったとしていますが、アラブ諸国などから強い反発を招いているほか、イランと敵対するイスラエルやサウジアラビアとの関係強化に乗り出し、イランとの対立が深刻化しています。アジアでは、核・ミサイル開発を加速させる北朝鮮を最優先の課題と位置づけて、北朝鮮に最大限の圧力をかけるよう国際社会に呼びかけるとともに、結びつきが強い中国に協力を迫っています。アメリカ国内では与野党の対立で新たな予算が成立せず、政府機関が一部閉鎖される事態となり、議会で打開策の模索が続いていました。ニューヨークの観光名所、「自由の女神像」の公開が中止されたほか、国の安全や国民生活に直結する業務の担当者らを除いて多くの政府職員が自宅待機を命じられるなどから、アメリカの議会上院は、暫定予算案を賛成多数で可決し、トランプ大統領の就任から1年となった20日以降続いていた、政府機関の一部閉鎖の解除に向けて大きく前進しました。ここにきて「アメリカはあらゆる国と互いに利益がある貿易協定について交渉する用意があり、TPP交渉の参加国も含んでいる。こうした国々と個別に、もしくは多国間で交渉を検討するだろう」などと述べ、再交渉を前提にTPPに復帰する可能性を示唆しました。矛盾だらけの言動に理解不能なことばかりと言わざるを得ませんが、アメリカ大統領だけに厄介この上なしです。では御機嫌様さようなら。
2018年2月1日
 

2018迎春

 投稿者:休農休弓  投稿日:2017年12月31日(日)20時44分3秒
返信・引用
  迎春
旧年中は大変お世話になり ありがとうございました
本年がより一層よいお年であります様 お祈り申し上げます
本年もよろしくご愛読ください。

----------------------------------

2018年迎春

新年あけましておめでとうございます。本年も相変わりませず、宜しくお願い致します。旧年中はお世話になりましたが後期高齢者2年目となる本年はさらに心しないと、と、新年を迎えるにあたり改めて思うことしきりです。今年の年賀状ですがぎりぎりセーフで期限までに作成し投函しました。背景のイラストは歌舞伎の「隈取」を使い黒・赤・青の木版三版で彫り上げました。従来版は黒一色の一版で後は肉筆で色付けをしていましたが今回は少し手間をかけ三色刷りをしてみましたがやはり彫りに時間がかかり、いい加減うんざりといった辛抱無しの老化現象がしっかり進んでいるようです。とはいえ年一回60年の歴史ある作業なので続けられるうちは続けようかと思っています。文言を入れた最終結果は生憎プリンターが故障でスキャナーが使えず、ここには掲載できませんが悪しからずお許しください。カミさんのも含めて160枚ほど印刷中にプリンターが故障になりさて困ったなあと思って対策を考えた末息子のプリンターを借りるのが一番手っ取り早いことに気が付いて期限までの投函何とかセーフといったような年末風景でした。年末はそれなりに役割分担が決まっており、年賀状作成は旦那の仕事です。

新年にあたり抱負のようなものを毎年考えていたのですが残念ながら湧いてきません。無理やり書くのもいただけないので今年は正直ベース無しで行きますが、心配事はと言えば日本の政治でしょうか。対抗軸となる民進党が瓦解し二大政党体制が遠のいてしまったことです。自民党一強ではやはり問題です。政策に似通っている部分があっても、候補者や政党の根底にある違いをはっきり認識していることが重要です。多くの場合、マスコミは現実の政策に大差はないという言説を垂れ流し、マイクを向けられた市民の多くが「どっちも同じ」と答えるのが通例です。政治の構図は、かつての保守・革新とか、右・左といった単純な軸では捉えきれなくなっています。右・左の軸に、市場原理主義か規制派かの軸を加えると右の規制派はいわゆる自民党の守旧派、左の規制派はオーソドックスな社会主義となる。規制緩和を進める一方で国家主義を強化しようとしている現政権はどこに入るの?左の市場原理主義は有り得るの?そんなことを年頭にあたり考えてみましたがよくわからない、そこで議論が必要で自民党一強ではだめ、やや無理筋ですが、論理飛躍があるかもわかりません。飛躍の年本年もよろしくお願い申し上げます。
2018年元旦

 

2017年師走便り

 投稿者:休農休弓  投稿日:2017年12月 1日(金)11時13分59秒
返信・引用
  皆様
お寒ございます。もうこんな時期になってしまいました。
1年の締めくくりの便りなのですが、相変わらずでした。
本年も無理やりお付き合いいただきありがとうございました。
来年も継続の予定なのでよろしくお願いします。

-------------------------------------

2017年師走便り
こんにちは。今年も早くも師走を迎えてしまいました。後期高齢者の烙印を押された今年ですが、めっきり髪の毛の色が白くなったとの改めての発見と自覚があります。量・色共に相対的に若さを誇示できていたつもりでしたが、残念ながらやはり寄る年波には勝てないとの外観の表れなのでしょう。5年前、脊柱管狭窄症という診断から上半身ピンピン、下半身よれよれという想定外の事態に遭遇し、リハビリこれ務めたのですが結局劇的改善には至っておりません。1~3月は毎日、4月以降は1日おきと整骨院通いも日課の一つになってしまいましたが、悪化せずに何とか現状維持というのが正直な感想です。冬場は寒さが影響するのか痛みが酷いような気がしていますが、これから3月まで何とか凌がねばと思っております。ところでこの時期になると年賀状が気になりますが既に何通か喪中のお知らせをいただいております。年賀状は生存証明書という位置づけと、年一回の芸術活動の発表の場ということから、虚礼とも、義理行為とも、無駄な経費とも、そういった疑問を全く抱くことなく、寧ろ日本の良き風習・文化と肯定的にとらえております。今や年賀状だけのつながりという貴重なつながりの方の方が多くなってしまいましたが寂しい限りです。芸術活動の発表の場と少しオーバーですが、個展をやるほどのものでもなく、さりとて年賀状のために50年以上も続いた版画なので、これ幸いに嫌でも見ずにおれない葉書に印刷できると、ほくそ笑んでいるわけです。中には奇特な方で、今年はどんな作品だろうかと楽しみにしてくれている方がおられるのも事実なので乞うご期待とだけ申し上げておきます。庭いじりですが今年も安売りチューリップ170球¥4549をネット購入し植え付けました。古い球根も何とかよさそうの物100球程度選び植え付けましたが、色 も品種もごちゃまぜで何とか花が咲けばそれで良しというように考えております。
 さて、今年の重大ニュースですが取り敢えず思いつくままに候補を挙げておきます。①トランプ氏、米大統領に就任②金正男氏殺害事件③稀勢の里、19年ぶり日本出身横綱誕生④仏大統領にマクロン氏、史上最年少の39歳、ルペン氏下す⑤北朝鮮、大陸間弾道ミサイル発射・核実験⑥将棋・藤井四段、前人未到の29連勝⑦退位特例法が成立⑧都議選自民惨敗最低23議席、小池氏系過半数の79議席⑨衆院解散総選挙、自民大勝、与党3分の2民進分裂⑩日馬富士暴力事件で引退、と10項目揚げましたが異論続出と思います。人それぞれ判断基準がみな違うので当然ですがまだあと一か月何が起こるかわかりません。日経平均が3万円になったら重大ニュースに入れたいと思っていますが4万円でも通過点という評論家もいます。企業業績は増収増益の様ですが、個人の懐に回ってこないのは何時の世にも起こる現象です。個人消費が景気浮上の鍵なので、経営者は「先行き不透明だから」などと言わずそれを何とかするのが優れた経営者だと思いますが、このパターン昔も今も変わっていないようです。少し早いですが、良いお年をお迎えください。
2017年12月1日

 

2017年霜月便り

 投稿者:休農休弓  投稿日:2017年11月 1日(水)08時59分59秒
返信・引用
  皆様
めっきり季節感が出てきた今日この頃です。
お変わりなくお過ごしのことと思います。

蛇足ですが、新品のパソコン快調です。LAN接続不良から始まったパソコンダウンでしたが
紆余曲折を経ての新品との交換は結果何とも論評のしようがありませんが、販売店店長判断を良とするご意見が多かったように思います。
メーカーはLANボード交換・マザーボード交換・OS入れ替え・ハードディスククラッシュチェック
等々いろいろやった結果時間が無駄に経過したのに交換とは言いださなかったようです。

今月の便りお届けします


2017年霜月便り
こんにちは。
先月はパソコンダウンで便りが遅れましたが、今月は皮肉にも絶好調の新品パソコンで快調に処理出来ました。
10月としては稀にみる長雨、それに超大型台風、更に22号と留めの台風、潮風に打ちさらされた欅の葉が縮れてまだ落葉としては早いこの時期掃き掃除の仕事増やしてくれます。ここにきてやっと秋らしい青空となんとも変化の多い月でした。今月は1年のうちで最も変化のある月と言われています。初旬はまだ青空高く秋晴れの好天気が続きますが、立冬を過ぎると、朝晩の気温が下がり寒さを感じるようになります。中旬には霜が降りはじめ、山野や街路樹の木々が華やかな黄葉や紅葉の色彩りを濃くしていきます。下旬は落葉が舞い、初雪の便りも聞かれ、寒い冬の到来が近いことを知らせます。まさに日本の風土を象徴する月と言えそうです。実りの秋でもありますが収穫への感謝と来年の豊作への予祝の神楽や、関東でとくに盛んな酉の市、全国規模の七五三の宮参りなどを眼にします。我が家と言えば相変わらず変化なし、淡々とまた粛々と時が過ぎて行っているような感じです。昨日まで2泊でまた温泉湯治に出かけてきました。今年になって同一宿行きは4度目になりますが伊豆函南畑毛温泉の?という宿屋です。田んぼ越しの雄大な富士山とぬる湯で本でも読みながら30分以上浸かれといった温泉が売りの宿です。これまでの数をこなすための安宿にも許容差はありましたが、2泊三日交通費(座席指定)込み2~3万円、1回/月と言っても年8回程が精いっぱいでしたがここ10年それなりに精力的に徘徊しました。日本全国の安宿目指して所構わずといった感じでしたが、年を取りそれなりに収斂してきたようです。なるべく近くで居心地が良いところというような感じで落ち着いたのがこの宿です。一泊1万円以下、布団ではなくベッド、バイキング不可といったような条件を満たしてくれています。もう一軒位同様な宿を探し交互に利用するのもよいのかもしれません。
 さて、世の中はというと選挙後の後始末で大変なことになっている野党各党の政界ですが、何とかそれなりに収まってほしいものです。結果的には民進党の解体で終わったといえばそれまでですが、歴史的に離合集散を繰り返してきた集団で数合わせのためやその時のご都合主義からの寄り合い所帯がこの選挙の洗礼を受けて思想信条・政策で信じあえる仲間に変貌できるかどうかが問われたと思っていました。従来中道と言われる 政治集団はどちらかと言えば左よりの集団だったと思いますが、今回は右寄りの人この指とまれと踏み絵まで踏ませたのでそれなりの集団になるのではと思っていましたが、全く思惑とは異なってあらぬ方向に向いてしまったようです。理念や政策やらは何処かに忘れ去られ、人気だけに頼った結果が惨敗で、政治は結果がすべてとはいえ、選挙後の集会を見るに恨み節大合唱、これでは先が思いやられます。安倍一強はノー、何とかせねばとスタートしたのですから、恨み節ではない元気で希望が持てる展望が欲しいものです。
2017年11月1日  
 

2017年神無月便り

 投稿者:休農休弓  投稿日:2017年10月23日(月)16時11分55秒
返信・引用
  各位
こんにちは。
10月も下旬になってしまいました。
ここ数日すっかり秋の気配が色濃くなり体調にも微妙に影響が出始めております。
やっとパソコンダウンが解消しましたが顛末は本文に記載しました。
台風一過でこれから普通の季節に戻りそうです。
今回は総選挙の後ということで政治色の強い投稿者節の内容になってしまいました。
-----------------
2017年神無月便り
こんにちは。
10月も下旬になってしまいました。ここ数日すっかり秋の気配が色濃くなり体調にも微妙に影響が出始めております。整骨院通いも日課のように生活の一部になってしまいましたが、10月にはいってすぐの寒さが原因ではないかと思っていますがまた足の痛みが酷くなっています。神経痛の痛みだと言われてしまいましたが足痛も憂鬱な症状です。毎月の便り大幅に遅延し御心配おかけしておりますが、実は死んだふりでも病気でもありません。ダウンしたのは愛用のパソコンです。LAN接続不良という事で9月4日に修理に出したまでは良かったのですが、待てど暮らせど戻って来ません。9月21日にやっと修理内容の説明があり、データーのバックアップのため外付けのハードデイスクにコピーを依頼、再度メーカーに送ったハズと思っていたのですが、10月2日に電話で修理内容の確認の電話(9/21と全く同内容)が再度かかってきました。どうもヤマダ電機内の連絡が不十分で店晒しになっていたようです。かなりきつい叱責と対応策を要求しましたが、暖簾に腕押しでなんとも頼りない受け答えで憤懣遣る方無いことで頭にきっぱなしです。あまりカッカすると体に悪いのでともかくひたすら黙って待つことにしました。その後何回か連絡を取り合った結果、これ以上客に迷惑はかけられないとの店長判断で、最終的にはヤマダ電機負担による商品交換という形で結論が出たとの連絡が10月21日夕方にあり、痛い足を引きずって大船まで品物を取りに行き一件落着に至ったわけですがロスタイムは一体何だったのでしょうか。 幸いにカミさんに買ってあげたi-padを借りることでこの一ヶ月半なんとか凌いでいましたが、WORDとエクセルが使えないので何とも不自由このうえなしです。金銭出納帳、株の売買記録、株価分析等々かなり日常使っていたので大弱りです。Office2016の使用開始手続きにかなり手間取りましたが、データー復元の確認やら、古いメールが消えていないかなどそれなりのチェックの結果無事使えるようになりました。
パソコンでゴタゴタの間、世の中はダイナミックに変動していますが、この現象、結果的には政界再編成を促したと思います。まだ最終姿ではありませんが、民進党の解体でいとも分かり易い構図になったように感じています。基本的には二大政党による仕組みを思い描いていますが、日本の場合そう簡単には綺麗な形にはなりそうもありません。25日の解散から現在に至る動きを見るに、言わば(従来)保守・「新保守」・リベラルと言った三極構造が見えてきております。あえて「新保守」と造語にしましたが、右過ぎず、左過ぎず、共産嫌い、こよなく平和を愛すがあまり政治的な意見を主張しない、どちらかと言えばノンポリで単純に消費税は払いたく無い、原発はいらない、そこそこリベラルそんなような感じのおばさん支持・無党派支持の政党です。ただこれを侮ってはいけません、分からない時は立ち止まる、正直で嘘ではないからです。踏み絵による排除発言等、小池百合子は本質的には右翼のタカ派だと思っていますが、実績と経験と超現実的な対応力即ち、機を見るに敏、世の中の動向の捉え方は人には真似ができない独特の感性、度胸、実行力でリダーシップを遺憾無く発揮しています。しかし最近は勇み足や弱点がでており、都知事選の時の様に思う様には行っていないのではないかと思っています。民進党の弱点が無くなり決められない政党から脱皮できるかどうか、新しい政党では党首の力量によるところが多い様に思いますが、新党は希望の党とは名ばかりで「百合子頼みの党」と言った方が分かりやすいのではないかと思っています。恒久的に支持を得るための中道保守として理念の整理、組織と人の配置、政策立案のシンクタンクの充実等知恵と金はいくらあっても足りることはなさそうです。何れにしても国民の審判がどう出るのか楽しみでもあります。・・・と、ここまでは選挙前に書いたものです。選挙当日は台風が来るというので期日前投票をしに土曜日に会場の市役所に出かけたものの長蛇の列、皆さん考えることは同じなようです。20~30分も並びやっと投票しましたが、投票そのものは期日前投票のほうが本番時よりスムーズな感じなのは意外でした。長蛇の列解消のためか事務員がテキパキやっていたからでしょうか。
ここからは開票後の感想です。真夜中まで動向を見守っていましたが、野党第一党がどうなるかが最大の関心事です。概ね想定していた通りですが、これほどまでの自民党圧勝は想定外でした。立役者は小泉進次郎との報道もありますがそういうことではなく、野党側の敵失というか失投に他ならないと思っています。立憲民主党がわずかですが上回ったのは白黒つけたがる日本人の特性を如実に表している様に思います。特に激しくリベラルを標榜する方々の思い入れなのでしょう。この結果では2大政党化は遠のくばかりでこれまた困ったことになりました。株価は正直に反応し200円以上の値上がりで始まりましたが政権が安定しているとの評価でしょう。少なくとも株価はこの調子で進んでほしいものです。同時進行での超大型台風の動向ですが若干ですが被害を受けています。菊の鉢が倒れて割れたり、蕾が現れてきつつあった皇帝ダリアが無残にへし折られたりです。大損害は駐車場入り口のお手製の門の一部が突風で吹き飛ばされたのか影も形もなくなっていたことです。本体はアルミ製の跳ね上げ式の門ですが、片端1m程の隙間を埋めるために友人からもらった古材で手間暇かけて作った補足の扉です。多分突風で道路に吹き飛ばされ、残骸が危険だからとどなたかが片付けて持ち去ったのでしょう。では御機嫌ようさようなら。
2017年10月23日
 

2017年長月便り

 投稿者:休農休弓  投稿日:2017年 8月31日(木)23時18分20秒
返信・引用
  皆様
残暑お見舞い申し上げます。
早く秋風が欲しいのですが、まだまだ暑さが続くようです。
季節の変わり目、体調管理にご留意ください。
長月便りお届けします。



2017年長月便り
 こんにちは。今年の夏の総決算でもしておきましょう。まずはお天気ですがどうも平年とはかなり異なっていたと言わざるを得ないようです。真夏日(30℃以上)猛暑日(35度以上)いずれも全国ベースで8月より7月の方が多かったことです。西に住んでいる方には実感があまりないでしょうが東に住んでいるとこれが正にその通りと実感と統計が一致した感想だと思います。また東京都心での降水継続日数記録は40年前の22日連続に並ぶことはありませんでしたが、21日ともう一歩のところまできました。1時間あたりの降雨量が10~20mmの場合は「やや強い雨」、20~30mmの場合は「強い雨」、30~50mmは「激しい雨」都市部では下水管から雨水があふれる。50~80mmは「非常に激しい雨」都市部では地下室や地下街に雨水が流れ込むこともある。そして、80mm以上は「猛烈な雨」、息苦しくなるような圧迫感があり、恐怖を感じるほど。大規模な災害の発生する危険性が高いのだそうだ。こういった分類があるのはご存知と思いますが、線状降水帯と記録的短時間大雨情報いう言葉が一挙に広まったのも特徴的ですが、日本全国どこかで「80mm以上の猛烈な雨」が降っていたのが珍しくなかったといえるのが「2017年夏」の特徴ではなかったかと思います。
次は国際政治ですが、何といっても北朝鮮の動向です。北朝鮮のミサイル技術の急速な進展と、止まらない挑発。その矛先を向けられたアメリカがどう対応するか。米上院議員によると、トランプ大統領は、北朝鮮がICBM=大陸間弾道ミサイルの開発を続けるなら「戦争」を行う可能性に言及したということです。一方で、ティラーソン国務長官は、引き続き圧力を加えるとしながらも、最終的には「対話」を通じて問題を解決する考えも示しました。制裁による圧力に手詰まり感も漂う中で、軍事力の行使に踏み切るのか、それとも対話に動くのか。アメリカの対応が大きな焦点となっています。29日の北朝鮮の西岸から北東方向へ向けて発射されたミサイルは、北海道上空を通過して、襟裳岬東方1180キロの太平洋上に落下した模様ですが、これとは別に先に発表のグアム周辺へのミサイル発射計画は、時期は別にしても必ず実施されるのでしょうがその時アメリカが、また日本が、さらには世界がどう反応するか暑い夏をことさら暑くする議論がなされております。ところでここ1~2週間パソコン特にネット接続が不調なためイライラが続いております。JCOM・ヤマダ電機・口うるさい娘やらを総動員して対応してももう一つ、いよいよメーカー行きか。ではご機嫌様さようなら。
2017年9月1日

 

レンタル掲示板
/15