teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助 youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ]


若い頃からハンサムだった

 投稿者:jane air do  投稿日:2015年 5月 3日(日)00時49分4秒
  TVで偶然流れていた昔の作品。なんだったっけ?
あ、そうだ、K-PAX。後頭部のお月様をおしげもなくさらし、
犬語もしゃべっていたけど、やっぱ、イケメンだな。
 
 

ハウス オブ ルール?

 投稿者:jane air do  投稿日:2015年 1月 4日(日)21時24分5秒
  TVシリーズ。3本まで見ました。が・・・  

モンスター上司

 投稿者:jane air do  投稿日:2012年 8月 2日(木)00時23分44秒
  予想以上のできばえ。んなぁんてね!

待望のDVD化。やっと観ました。予告編の「ガムガム・・・」で、ケヴィンの巧さを
再認識していましたが、そのケヴィンにいびられるジェイソン・ベイトマンの
話し方が好きです。
カトチャンズラ姿のコリン・ファレルの遊び心に拍手。
お馬鹿できわどいせりふも満載だけど、
テンポも良く、まあまあなコメディではないでしょうか。
3人の上司も殺されてもしかたないくらい最悪。
結末は昔観た「テロリストを撃て!」のそれのようで、
溜飲が下がり、メデタシ、メデタシ。
せりふに映画の作品名がたくさん出てきて、思わずニヤリ。


投稿者:jane air do 投稿日:2012年 4月22日(日)00時19分46秒
ファンシトへの投稿より転載。
 

マージン・コール

 投稿者:jane air do  投稿日:2012年 3月30日(金)00時15分54秒
  あまりにリアルなマネーゲーム・・・ 取ったり取られたり

  誰もが知っている「リーマンブラザーズ事件」がモデルの本作。
出演者のキャラや生活の背景がどこまで真実なのかは知らないが
一晩で何億を動かし、その損益で生活している連中の、右往左往する
様子が描かれている。米国では絶賛の嵐だったようだが、ここ日本では
商売にはならないとみえ、かろうじてDVD化されただけのようだ。

愛するケヴィンもその1つのコマとして奔走する。
「去年指摘した」にもかかわらず、責任をとらされ、愛する部下の生活権をも
奪わなければならない立場。その苦渋が静かなトーンで演じられていた。
 しっかし、「俺も金がいるんだ」弱いな・・・。でも、これが現実か。

上司のちょっとイケメン、サイモン・ベイカーが登場。
そして、大御所、ジェレミーおじさまの登場で、一気に作品がシマル。
ケヴィンが食われることなく、ベタニーお兄様がとっても控えめに演じていて、
やればできるでしょ、みたいな。

投稿者:jane air do 投稿日:2012年 3月29日(木)17時06分21秒
ファンサイトへの投稿より転載

http://www.youtube.com/watch?v=pU1tTBKpkIE

 

精神科医カーターの憂鬱

 投稿者:jane air do  投稿日:2011年10月23日(日)11時00分48秒
  人という字の由来は・・・

  劇的な起承転結がなく、淡々とそれぞれの日常が、落ち着いたBGMと共に描写され、綴られていく。
一週間以上徹夜が続いているように、憔悴しきったケヴィン。
今回も役作りは万全だ。

患者を救うはずの精神科医(シュリンク)が、自ら悩みを抱えたら、医師として資格はあるのか?
自責の念から縮みこむ(シュリンク)。
シュリンクに精神科医という意味があることを、今回知った。
ずばり、テーマは
人は互いに必要としながら、生きていくものだ。

展開が「ショートカッツ」のそれと似ていて、直接関わりのない患者同士が
画面の中ですれ違ったりする。脚本書きの青年のエピソードを軸にいつの間にかつながり、
女子高校生も カーターも 他の患者も 立ち直るきっかけを手にしていく。
観終わった後、なんだか あったかい気持ちになれる そんな作品だった。

投稿者:jane air do
投稿日:2011年10月 9日(日)03時03分36秒
ファンサイトへの投稿より転載

http://www.youtube.com/watch?v=pU1tTBKpkIE

 

ヤギと男と男と壁と

 投稿者:jane air do  投稿日:2011年 1月23日(日)15時24分47秒
  惜しい! 笑い 時々 居眠り。

投稿者:jane air do 投稿日:2011年 1月23日(日)15時20分52秒

   結構笑いました。でも、なんだか、ぱっとしない作品でした。
クルーニーの豊かな人脈のお陰で(単なる想像ですが)出演者は豪華だし、
テーマも皮肉満載の反戦なのに、ある意味期待を裏切られた作品でした。

「ヤギを凝視だけで殺せるっていう超能力者」このキーワードで、
私は勝手にどんどん膨らませて
「アレ、この程度?」なんて思っちゃったりしたのだと思います。
だから、短編なのにやたらに着終わるのに時間がかかりました。
それは、途中何回も居眠りしたからです。映画館でなくて、よかった。
実話に基づいているようですが、やはり編集に難があるせいでしょうか。
 ケヴィンのカツラ装着について。お下げとか、ロンゲとかならまだしも、
つける位置が微妙に上にずれた普通のカツラだった。お月様隠してほしかったな。

コメディということで、悪役ケヴィンもこのくらいの味付けになったのね。
お笑いの誰かがつけたこの邦題は、グッドだと思います。

                     ケヴィンファンサイトへの 投稿 より

http://www.youtube.com/watch?v=pU1tTBKpkIE

 

主演作品・プロデュース作品目白押し

 投稿者:jane air do  投稿日:2010年12月12日(日)14時43分47秒
  来年が楽しみだ。  

ソーシャルネットワーク

 投稿者:jane air do  投稿日:2010年12月 5日(日)11時05分11秒
  日本公開は来年。プロジューサーとしてケヴィンも関わった作品。
瞬く間に世界を席捲した「facebook」と「twitter」。
前者の創設者のお話だそうで、興味津々。
主演をつとめている役者、「アドベンチャーランドへようこそ!」だったかな、
B級作品だけど、結構良くできた作品に主演していた人で、なるほどって思った。
若手発掘にがんばる、トリガー社。

http://www.youtube.com/watch?v=pU1tTBKpkIE

 

入力補助って・・・

 投稿者:jane air do  投稿日:2010年 6月24日(木)23時00分8秒
  I love movies !

http://www.youtube.com/watch?v=pU1tTBKpkIE

 

お絵かきって・・・

 投稿者:jane air do  投稿日:2010年 6月24日(木)22時46分11秒
 
お絵かきって・・・お絵かき9251

http://www.youtube.com/watch?v=pU1tTBKpkIE

 

レンタル掲示板
/13