teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]

スレッド一覧

  1. パロディ(替歌)を楽しみましょう。(44)
  2. パロディ(替歌)コーナー(0)
  3. 足あと帳(0)
スレッド一覧(全3)  他のスレッドを探す 

*掲示板をお持ちでない方へ、まずは掲示板を作成しましょう。無料掲示板作成


合唱や創作の交流ページ

 投稿者:A.S  投稿日:2017年 5月16日(火)06時28分8秒
返信・引用 編集済
  合唱や新しいうたを届けたい。そのひとつとして、
このページは音声はUPできないので、

うたごえサークルの合唱や創作の音声を聞きながら交流のページです、練習状況を共有できたらと思います。

ブログのタイトルは仮です。募集中です。

http://s1tanoie.at.webry.info/

合唱は楽しいけれど、底は無い。まずできることから、一歩二歩ですね。
だんだん完成度を上げたいと思います。
今は、練習途上の様子が中心です。
 
 

作曲家すずききよし氏の新居訪問

 投稿者:A.S  投稿日:2017年 4月11日(火)03時40分50秒
返信・引用 編集済
  4月7日ひごろご指導いただいている作曲家すずききよし氏の新居へ行ってまい
りました。新築で明るく機能的なお住まいで、本人はますますお元気でした。
ありがたいことに、一緒にランチを囲み、創作状況の交流や翌日のコンサート
などの最新音楽情報に花を咲かせました。愛用のキーボードとギターによる新
奏法のご指導もいただき、大変密度の濃い数時間でした。私からは私が作編曲
はじめてから最近初めて合唱を指揮したCDをお聞きいただきまた、合唱団で練習中の創作曲
集を見ながら談笑いただき、大きな今後への自信をいただきました。
次の世紀に伝えたいうたごえの曲の中に、「はぐれつばめ」ほか6曲も挙げら
れている作曲家
の一言一言は大変貴重でありがたいものです。
私の次回訪問は農作業も終わる12月ころ予定しています。
関係写真は用意でき次第UPします。
 

松川町文化協会講演会で 寺澤秀文満蒙開拓記念館専務理事講演 と うたごえサークルやまなみのうたごえきれいなマッチング

 投稿者:A.S  投稿日:2017年 2月23日(木)01時10分41秒
返信・引用 編集済
  2017年2月21日行われた松川町文化協会講演会では、寺澤秀文氏(満蒙開拓記念館専務理事)が講演を聞こうと、予定以上の45名の皆さんが参加、会場は30人入りの会場だったので机を外に出して、椅子だけにして、席を確保しました。
昨年秋満蒙開拓記念館へ天皇皇后陛下の訪問もあったことでもあり、関心の高さが伺えました。
寺澤専務理事の両親も満蒙からの引き揚げ者でもあり、大陸での大変な経験、帰国してからものさらに再開墾地での苦労の様子を交えて、涙無しでは聞けない真に迫る講演でした。
講演前の計画で「うたごえサークルやまなみ」は講演後、創作曲「望郷の旅路」と「故郷」を歌うことになっていました。
実際に講演後のこの2曲は内容もマッチして好評でした。
私がもうひとつうれしかったのは、サークルが、当初半分しか出席できない、という予定の中で、実際はなんと8割がた出てくれたことです。
前では並びきれないメンバーはプロジェクターなど操作しながら会場で歌っています。
投稿文責 佐々木昌(ささきあきら・・「望郷の旅路=満蒙から祖国へ」の作詞作曲者)
 

青春家喫茶第100回記念盛大に!参加140名

 投稿者:A.S  投稿日:2017年 1月14日(土)22時33分33秒
返信・引用 編集済
  青春家喫茶第100回記念ソング!
「あの日のユアソング」
2017年1月21日140名参加で初披露!!
歌詞と楽譜は下記、ネット音声公開はhttp://utasinhaniban.seesaa.net/
歌詞も曲もうたごえサークルやまなみの皆さんの心からの協力により、さらにいろいろな方のご意見をすべて取り込んで、また様々ないわく因縁の経過を踏んで完成したといってもいいでしょう。作詞作曲者としても、自分の中から出た作品というよりも、周りの関係の皆さんの多くのご意見を編みながら作った感じですので、今までの多くの創作品と一味違って外に展開してゆくような自分+アルファの歌だと思います。たとえばその中でもうれしいのはなんと言っても池田氏のクラ2重奏を前提にした編曲がすばらしい!ですからこの歌は、いろいろ歌われるうたごえ喫茶名曲の中にあっては、歌詞の統一感には少し寄せ集めのような感じもしますが、この青春家うたごえ喫茶だけでなくこの地方の、うたごえ喫茶でしばらくは紹介してみようとは思います。

先日の反省会でも評判が良かったこの歌ですが。ほかのうたごえ喫茶で歌うときは例として3番の歌詞の中の「ここは青春家」「大きな声で」などに直せばどこでも当てはまると思います。2月25日喫茶ビーバーのうたごえ喫茶ではH事務局長の案を取り込み3番の後半「うたおう 大きな声で ぼくらのふるさとを」・・とやってみることになりました。


写真は1月21日青春家第100回記念うたごえ喫茶での歌唱指導並行演奏披露

http://

 

やまなみが青春か100回記念に贈る

 投稿者:A.S  投稿日:2017年 1月 1日(日)00時49分21秒
返信・引用 編集済
  100回記念歌 完成

まだ募集中となっていますが、多分応募はないと思います。
佐々木昌&うたこえサークルやまなみ作詞作曲の100回記念歌を実行委員会および、直後のうたごえサークルやまなみ忘年会で披露いたしました。
好評と賛辞をいただきました。
池田さんからは、南信地域のシルバーも含めたうたごえ喫茶全体で広く歌えそうだ。という感想もいただきうれしく思います。

またすばらしい編曲もいただき早速BGMのCDを作りました。
1月21日の発表喫茶に向けて、
これから小編成伴奏で練習に入ります。

なおこの池田さん編曲伴奏音のMP3はうた新飯伊版http://utasinhaniban.seesaa.net/で聞くことができます。
 

喫茶イフで 望郷の旅路 ほか発表

 投稿者:A.S  投稿日:2016年11月28日(月)09時12分47秒
返信・引用
  今回の合唱発表の前後、Yさん等からしっかり私は創作者として再三紹介され、一瞬戸惑いましたが、うたごえサークル員の協力で合唱作品に仕上がったこととあわせて、私自身の立場として、今後示していかなくてはと思うことを考えてみました。その骨格は、戦争を風化させないこと、未来に平和を伝え続けるために様々な行動を継続するということに尽きます。そのうえで。
「うたごえ活動の私たちは戦後生まれの世代がほとんどになりましたが、こうした戦争の悲惨な思い出や、平和の尊さを伝えていく活動や創作は大切な私たちの仕事だと思います。また、戦後戦争を知らない世代でもしっかり歴史を学習し平和を伝える気持ちで取り組めば、みんなで知恵を出し合い創作に反映し未来に伝えてゆく活動はできる」ことを私自身が示していかなくては、と思った次第です。
 

陛下と河野村久保田さん28.11.17

 投稿者:A.S  投稿日:2016年11月17日(木)18時45分19秒
返信・引用
  満蒙開拓で集団自決をした河野村90名余の体験と平和への思いを陛下に伝える生き残りった久保田さん於:満蒙開拓平和記念館  

地質学者松島信幸先生より

 投稿者:A.S  投稿日:2016年11月 8日(火)17時50分33秒
返信・引用
  11月4日に地質学者松島信幸先生より、組曲リニア・・について。励ましの手紙と、一部歌詞についての、加筆(補作)の指摘があり、集会のバックでも流したい、などのうれしい提案もありました。
先生の加筆修正は主に第2章と3章のに多く、1.4.5章にはほとんどありませんので、練習は1.4.5章から従来仕上げていけばと思います。集会等のバックには主に1.5は早目に使えるようになると思います。
 

鼎文化会館で発表「望郷の旅路」

 投稿者:A.S  投稿日:2016年11月 1日(火)00時31分6秒
返信・引用 編集済
  事務局長Hさんから、かなり好評だったと、情報がありました。
 

鼎文化会館で発表「望郷の旅路」

 投稿者:A.S  投稿日:2016年10月19日(水)09時17分8秒
返信・引用 編集済
  望郷の旅路を鼎文化会館の医療関係交流会で発表。直前に、満蒙開拓記念館の案内をされている野口先生のミニ講演もあり、合唱理解の伏線にもなり効果抜群でした。大反響で、アンコールも出ました。信濃のうたごえ祭典以来、社会公開の第一歩でした。私個人としては、合唱の中間に入れた、朗読が良かった思います。うたごえ新聞飯田下伊那版http://utasinhaniban.seesaa.net/参照
 

レンタル掲示板
/26